解像度に気をつけろ!
こんばんは。
今日もこれから地元の会議のサムライです。

ここ2.3日、ちょっと暖かいので体調が変にならないかと心配してます。
ところで今日のお話は前回の続きでDTPについて。

イラストレーターと同様にDTPの必須ソフト「フォトショップ」。
最近ではデータ入稿も増えてきて、お客さんが直接データを作成するケースも少なくありません。

が、なかなか減らないデータの不備。
中でも多いものに「解像度」があります。

これパンフレットのデータに特に多いんですが、
「ホームページから写真を取ってきて貼り付けました。」なんてことが良くあります。

モニタで確認する分には綺麗なんですが印刷となるとそうはいかない。
モニタで見るのに必要な解像度は72dpiですが(dpiって分かります?これについては書くと長くなっちゃうのでまたの機会に)印刷に必要とされる解像度は350dpiです。

このあたりの説明はけっこう難しいですが、印刷結果から言うと「モザイク」がかかったような荒い写真になっちゃいます。

うーん。。。
自分で書いてて分かりにくい文章になっちゃいましたが、とにかく印刷データにおいては「解像度に気をつけろ!」です。
(まぁ、他にも気をつけなくちゃいけないところはたくさんあるんですが・・・)

今日のお話しはここまで。

網野印刷 WEB SITE  http://www.aminoprint.com/

▼ただ今、大幅リニューアル中!!
映像&ウェブ製作 デジトゥルー  http://www.digitrue.tv/
[PR]
by dtp_samurai | 2006-02-16 19:33 | DTP | Comments(0)
<< モチベーション DTPのお勧めソフト >>