ときを刻むということ
a0054755_12513499.png

こんにちは。
DTPサムライです ^ ^

台風一過で寒い月曜日です。
皆さんも風邪など召されませんように。

今日は「とき」をテーマに。


<元の写真はこれ>
a0054755_12535271.png

事務所の時計を使って(笑)


ずっと前、お客様に言われた言葉を思い出し。
「遅い。もうちょっと早くしてもらえれば・・・」

名刺デザインと印刷のご依頼でした。
父が亡くなり、喪主を務めなければならないこともあって、随分とお待たせしてしまったことを今でも覚えています。
その時は、「仕方ないでしょ。。。」と思ったし、実際にそんな言葉を発してしまったような記憶もあり。

あれから二十年近くの時が経ち、今改めて思うことは、誰に対しても流れる時間は同じであり、平等であるということ。
僕の立場から見れば、それは仕方がないことだったとしても、相手から見ればどうなのか。
やっとの思いで先方にアポを取り、その日どうしても名刺が必要だったのだとしたら。

相手を待たせるということは、その人の時間をいただいているのと同じこと。
仕事だけにかかわらず、メールのやり取りや電話の折り返しだって。

待つということは、人に自分の時間を与えているのと同じ行為。
立場が変われば、相手の時間を奪っていることにも等しいのだと。

なんだかテーマから少しずれちゃったけれど。
待つ、待たせる。
それは必ず相手があって、どちらかが自分の時間を与えている、与えてもらっているということ。

真摯に誠実に流れる時間のように、相手に対する自分の心もまた、真摯で誠実でありたい。
その時、その一瞬さえも、二度とは無いかけがえのない「とき」なのだから。




[PR]
by dtp_samurai | 2017-10-30 13:22 | デザイン@ポストカードな感じ | Comments(2)
Commented by tsukasa at 2018-01-24 16:21 x
こんにちは。
私は待つのが嫌いです。
レジで並ぶのも、電話で待たされるのも、待ち合わせで待たされるのも、いろんなことに関してイライラしちゃいます。
自分の時間が無駄になるって思っちゃうんですよねー。
なので、自分が「待たす」立場になると焦っちゃいます。
理由によっては仕方ないって思うんですけど、なかなか難しいものです。
Commented by dtp_samurai at 2018-01-25 10:00
≫tsukasaさん
おはよう ^ ^
コメントありがとう。
僕も待つのは苦手。待たせるのも。だから出来るだけ待ち合わせはしない(笑)
自分と同じように相手にも事情がある。そう思ってイライラしないように自分に言い聞かせてます。
tsukasaさんも、あまりイライラしないように ^ ^
<< 後の名月 Myself. >>